忍者ブログ

my papillon - COCCOLARE -

Blog by COCCOLARE Papillon Kennel

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シャルちゃんオオスズメバチに刺される(過去の話)

キイロスズメバチのお話をしたので、ついでにシャルちゃんが
小さい頃にオオスズメバチに刺された時のお話をします。

あれは10年も前のことでしょうか?
まだ小さなアーシェスとシャルを連れて昭和記念公園にお散歩へ
行きました。

季節は夏の終わりごろ、ちょうど今くらいだったでしょうか?
(あんまりよく覚えてないんですけどね)
公園の奥の方にテラスの喫茶店があるので、そこへ向かって
歩いていました。

すると、シャルがパッと下を向いて何かを咥え「キャンッ!」
と言って放り投げました。
本当に一瞬の出来事でした。
シャルが放り投げた物体が何なんだろう?と見に行くと、それは
死んだスズメバチでした。かなり大きいハチでした。

シャルはそれから特に何もなかったように平気な顔をしていたので
私も???と思いつつ、喫茶店に向かいました。

喫茶店に着いて、飲み物を頼んで席についた時、連れが
「あれ?シャルの顔が赤い」と言い出しました。
私が抱っこしていたのでシャルの顔を自分の方へ向けて確認して
みると、鼻の横がうっすらと赤い。

さっきのハチに刺されたのかもしれない。とすぐにシャルを抱いて
ハチが居た場所へ戻り、転がっているスズメバチをよく見てみると
身体は動いていないのですが、針だけ出し入れしてました(!!!)

(こちらはヤフー画像の写真です)
死にかけたハチが自分の身を守ろうと針だけは動かしていたようで
シャルはなんとなく咥えた時に鼻の横を刺されてしまったのです。

即効で車に戻り、かかりつけの獣医へ。
「ああ、スズメバチですね、注射打ちましょう」
「先生、注射って?」
「ハチの毒はほぼ共通なんですよ。だから中和剤です」
「そうなんですか。大丈夫かな?」
「そんなに腫れてないし、ショック症状は無いから大丈夫でしょう」

注射をして1時間ほどでシャルの顔の赤みが取れてきました。
アナフラキシーショックを起こさなくて良かった(^_^;)

落ちていたハチを咥えさせてしまった飼い主の責任なのですが
本当に「あれ?なんだ?」と思ったのとシャルが咥えてしまったのが
ほぼ同時だったので、その時は防ぐことが出来ませんでした。
残念なことに落ちているハチはメスだったので、シャルは刺されて
しまったのです(オスは刺しません)

それからは道の上に異物がある場合は気をつけるようにしています。

シャルはトンビにも襲われかかった事があって(´;ω;`)色んな事を
経験しちゃう子(経験させてくれる子)でした。
10歳になりますが、今の所ハチに刺されることは無く済んでいます。
PR
  

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Tomi_maru
性別:
女性
職業:
主婦(?)
趣味:
パピヨン達と戯れる
自己紹介:
現在7頭のパピヨンと生活しています。

スタンダードに基づいた健康かつ健全なパピヨンを繁殖する為に、日々勉強・精進しております。

現在ショーチャレンジ中です(*^^*)

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

Copyright ©  -- my papillon - COCCOLARE -  --  All Rights Reserved

Design by CriCri / material by DragonArtz Desighns / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]