my papillon - COCCOLARE -

Blog by COCCOLARE Papillon Kennel

   

あれこれ思う。。。

ソファーに寝かせているテイラーをふと見ると
本当にそこに寝ているような気がしてなりません。

身体の上にかけているタオルが呼吸とともにかすかに
上下しているような。。。
テイラーの鼻や口がピクッと動いたような、そんな風に見えて
「あれ?」と思ってしまいます。

そんな事は絶対に有り得ないんですけどね。
やはり時間が経つと少しずつ変化が出てきます。

今日、朝一番で火葬をお願いすると決めていたお寺に電話しました。
明日の15時で予約が取れました。

お電話してまったくの偶然だったのですが、お寺は家の
近所というわけではありません。
なので、住所を聞かれた時に答えたら驚かれてしまいました。

遠くて・・・ではないですよ。
偶然お寺の方のお住まいと同じ住所だったのです。
ここから来る人はあまり居ないらしく、偶然ですね。と
そんなお話をしました。車で30分くらいなんですけどね。

実はこのお寺は「馬頭観音」様を祭っています。
私の守護神は観音様(もしかしたら馬頭観音様に縁があるかも)
なので、それで決めたというのもあります。

これも観音様のご縁かもしれませんね。

お話を伺って丁寧に火葬していただけそうで安心しました。
でも火葬・・・本当はすごく嫌なんです。
誰でもお別れを経験した人ならそうだとは思いますが
あの火の中に入れる前・・・あれがすごくつらいんです。

骨になってしまうと「あ・・」と諦めの気持ちになるんですけど。
生きたまま焼くわけじゃないんだから、と思うんだけど
どうしてもひどいことをしているような気がして苦手です。。。

なので、その時になったら呪文を唱えます。
友人に教えてもらった呪文。
「テイラーの魂はもうここにはいない」

だから、苦しいとか痛いとか熱いとか無い!

そう、自分に言い聞かせて、乗り越えなければいけないですね。

お骨は持って帰ります。
みんなのいる家の方がテイラーも嬉しいと思うから。
お仏壇の用意(形だけですが)全然してないんですよね。
慌てて用意するようですね。。。

やっぱり姿が無くなってしまう火葬は嫌です。。。
もう、撫でたり、キスしたりできない。。。
多分今は、テイラーの姿が目に入るし、触れることが出来るので
現実逃避してるんでしょうね。

本当のお別れをする時が来るのはつらいですね。
 
 
  

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Tomi_maru
性別:
女性
職業:
主婦(?)
趣味:
パピヨン達と戯れる
自己紹介:
現在7頭のパピヨンと生活しています。

スタンダードに基づいた健康かつ健全なパピヨンを繁殖する為に、日々勉強・精進しております。

現在ショーチャレンジ中です(*^^*)

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

Copyright ©  -- my papillon - COCCOLARE -  --  All Rights Reserved

Design by CriCri / material by DragonArtz Desighns / powered by NINJA TOOLS /  /