my papillon - COCCOLARE -

Blog by COCCOLARE Papillon Kennel

   

Teddy Bear

あれは1997年頃だったでしょうか?

私は最初の結婚をして専業主婦となっておりました。(バツ1でございます・・・)
相手の人が外で仕事をする事を許してくれなかったので、家の事に専念する
毎日でした。
小さな実家からいきなり二世帯の大きな戸建の管理を完璧にしろ。と言われ
ても、自分なりに一生懸命やってはいたのですが、認めてはもらえず、かなり
消耗してました。

子供も出来なかったので、家事と言えば汚れた物を綺麗にする。食事を作る。
片付ける。これの繰り返しです。
洗濯も庭や玄関、駐車場の掃除全部「現状維持が当たり前」
私はこういうのにむいていなかったんでしょうね。
どうしてもクリエイティブな事がしたかったのです。自分の作った物を残したい
という気持ちが強い性格だったようです。

私は子供の頃から絵を描いていました。完全に趣味ですが、好きで一番長く
続いてる事でもありました。
パステルや水彩色鉛筆がお気に入りで良く使っていました。
コンテストに応募した事もあったのですが、入選はしたものの佳作以上でない
とイラストレーターにはなれず、その道も自分には合ってない。趣味でいいや。
と諦めていました。

でもある日のこと、本屋さんで一冊の本に出会いました「テディベアの作り方」
裁縫が不得意な私がなぜかその本を手に取り、読んでいる内に「私にもできる
かもしれない」という気持ちになり、その本を買って家に帰りました。
私はぬいぐるみも大好き、動物も大好きだったので、自分で好きなぬいぐるみ
が作れるかもしれないと思い、そこからテディベアにはまっていきました。

パターンの起こし方は習ったことがないので独学でした。自分で作りたいベア
の絵を描いてそれに近くなるように根性で型紙を起こしました。
テディベアの材料ってすごくお高いんです。専用のウールモヘアはベア一体分
で5000円くらいするし、目はドイツ製のグラスアイ、ジョイント、作るための道具、
ベアに合わせた糸、手足に使用するエクセーヌなど。

当時お小遣い制だったので(^_^;) 捻出して材料を少しづつ集めました。
仮縫いはシーチングという綿の伸びない安い生地で繰り返し作り、パターンが
出来るとクリアホルダーを切り抜いて型紙を作っていました。
そして、自力でHPを作成し(当時は便利なソフトもなかったので大変でした)
自分のべアをUPしていました。

すると、どういう訳か素人ながら好評で、購入したいという人も現れ、ファンだと
言ってくださる方も増えてきました。
特にウエディングベアが好評で、常に注文を頂いている状態でした。
そしてちょっとしたコネがあり、おもちゃのバンダイさんから(当時アパレルも
やっていました)カナダのコディアック社(アウトドアファッションブランドです)の
イメージキャラクターのベアを作って欲しいという依頼を受けました。

それはもう嬉しくて、一生懸命デザインしました。コディアックベアとはアラスカ等
に住む大きなヒグマの事です。
コディアック社のロゴも「ガォー!」という力強いベアのマークが入っていました。
私はこのヒグマの子供を作ろうと思ったわけです。ロゴのクマがお父さん。
ぬいぐるみですから可愛らしさが無いとダメですものね。
コディアックベアの特徴である力強さを出すためにわざと手足を大きくして、顔は
幼くして・・・と色々考えて、自分なりのオリジナルベアを作りました。
オリジナルはモヘアでテディベアとして作成しました。

それをカナダのコディアック社にバンダイから送り、キャラクターにして良いか
の確認を取りました。
気に入っていただけたようで、すぐにOKが出ました。本来ならオリジナルは私の
元に帰ってくるはずだったのですが、コディアック社がオリジナルベアをそのまま
「会社に置いておきたい」という事になり、今カナダに居ます。。。
(私がカナダに行きたかったよ)

OKが出たのでシリアルナンバー付きの100体限定ベアとしてバンダイから発売
となりました。おかげ様で、短期間のうちにソールドアウトとなりました。
そのあと驚いたのが、私のベアを元にしてデザインが加わりTシャツやバンダナ
等の商品がOIOIから販売される事になりました。

私もTシャツを数枚いただいたのですが、白が回ってこなかったので新宿の丸井
スポーツ館に買いに行きました。
でも残っていたのはマネキンが着ていた展示品だけ。ベアもソールドアウト
だそうで、私はその展示品を買って帰りました。
「製作者の者ですが・・・」とこっそり販売のお姉さんとお話しました。
すごく売れていると聞いて嬉しかったです(^O^)

残念なことに、私が当時作成したHPはプロバイダーの都合で移転されてしまい
私の移動が間に合わなかった為すべて削除されてしまいました。
今はもう、残っていません。作ったベアの数々、沢山UPしてたのに残念です。
「BearMaMa©」というブランド名でした。

その後横浜のテディベアショップに2時間かけて1年通い、テディベアの本格的
な作り方を習い、そして世界的に有名なアナ・コーエツさん直々に学びました。
その後、手芸のクロバーさんから依頼があり、2000年を記念してベアのお腹に
未来へのメッセージや思い出の品を入れて制作できる「タイムカプセルベア」の
キットのデザインもしました。
しばらくは作家としてクロバーさんのHPに居たんですよー(^_^;)

私がテディベアを作るのを辞めてしまったのは、まず「離婚」があったこと。
離婚した人が作るウエディングベアなんて誰が欲しがるだろう?とネガティブな
心境もありましたね。
そしてワンを飼い始めたこと。
生き物が側にいる事で、ぬいぐるみへの執着心が薄れた事が原因でしょうか。

私は昔から1つの事に一生懸命になると周りがまったく見えなくなります。
凝り性なのはいいのですが、それが並列処理出来れば「優秀」なんでしょう
けど、私の頭は直列処理オンリーなんですよね(^_^;) 
なかなか複数の事に手を出すことが出来ないのです。
性格なのでしょうがないですけどね。。。

下のぬいぐるみはバンダイから発売された100体限定のシリアルナンバー入り
のベアです。5ジョイントなので首・手足が動きます。
コディアックのタグ・マフラー・皮製の三角のシリアルナンバーがついています。



型紙は残してあるので、また作ろうと思えば作れるんですけどね。
段ポール5箱くらいベアの道具入ったまま、マンションの部屋に積んであります。
またやってみようかな。。。
  

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Tomi_maru
性別:
女性
職業:
主婦(?)
趣味:
パピヨン達と戯れる
自己紹介:
現在7頭のパピヨンと生活しています。

スタンダードに基づいた健康かつ健全なパピヨンを繁殖する為に、日々勉強・精進しております。

現在ショーチャレンジ中です(*^^*)

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

Copyright ©  -- my papillon - COCCOLARE -  --  All Rights Reserved

Design by CriCri / material by DragonArtz Desighns / powered by NINJA TOOLS /  /